キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 からすうちわ : うちわ講座

からすうちわ

うちわ講座

からすうちわについての紹介と信仰

サイトトップ → からすうちわ

からすうちわ

からすうちわという言葉を聞いた事がありますか?うちわにはからすの絵が書かれているのが特徴です。

からすうちわで扇ぐと農作物の害虫が駆除されたり、病気を払い除ける力があり、魔を祓い幸せが訪れると考えられていたのです。

この信仰は807年の古語拾遺の神話ですでに語られています。

全国各地の神社では毎年7月20日に行われるすもも祭りでからすうちわが配られます。

からすうちわは年中購入出来る商品ではなく、神社で年に1度のすもも祭りの日しか入手出来ないうちわなのです。

現代人の私たちにとってからすとはゴミを荒らす迷惑もの、そしてなんとなく不気味で忌み嫌う存在ですよね。

そのためからすうちわとして多くの人に信仰されていると聞くと不思議な気がします。

しかし日本神話の中でもギリシャ神話の中でもからすは神の遣いだと考えられてきた事を考えればからすうちわ信仰は決して不思議な事ではないのです。

そして日本人にとってうちわとは風を送る道具としてではなく、信仰として使われていたのです。

うちわに信仰があったのなら縁起担ぎとして戦国自体に軍配うちわとしてうちわが使われた経緯も理解出来ますよね。

扇ぐ事で災いを払い除けて勝ちを手に入れたい、そんな想いが込められていたのでしょう。

最新情報