キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 軍配うちわ : うちわ講座

軍配うちわ

うちわ講座

軍配うちわの用途について

サイトトップ → 軍配うちわ

軍配うちわ

軍配うちわという言葉を聞いた事がありますか?軍配うちわとは中世から近世で戦で武将が用いた指揮用の道具です。

うちわといっても竹と紙で出来たうちわとは異なり鉄や皮などで作られた丈夫なものでした。

そして全体を黒く塗り、方角や十二支、陰陽、八掛などが書かれていました。

なぜか?というと当時戦とは方角を見極めてそして天文を読んで采配をふるっていたのです。

つまりそれらが戦術として勝敗を決める重要な事柄だったために軍配うちわにも書いたのでしょう。

しかし江戸末期になると戦のスタイルは大きく変化します。

戦いに鉄砲が用いられるようになり、もはや鉄砲という武器に天文は適わなくなってしまったのです。

そのため戦はいかにお金をかけて西洋化するかで勝敗が決まるようになり、軍配うちわはその姿を消してしまいます。

ただ戦で使う事がなくなっても軍配うちわは用途を変えて現在でも使われています。

相撲の時に行司が勝負の判定を指示するためのうちわが軍配うちわです。

なぜ相撲で軍配うちわが使われるようになったのか?というと、これは戦国時代に武士たちが相撲をとる時に行司役を行うのは武将で、武将が軍配うちわを使用したためそれが今も残っていると言われています。

最新情報